トラベルホリックの放浪記

私の生きがいである旅、ワーホリで経験したことなどを綴ります。

ニュージーランドワーホリ

ワーホリに持っていきたいクレジットカード

ワーホリ前、私は年会費のかかる丸井のクレジットカードを持っていましたが、ポイントが貯まったところで、海外にいたら使いようが無いため、退職前に、エポスカードと楽天カードを作りました。 どちらも審査がゆるく、年会費が無料なため、ワーホリに行く人…

ネガティブからポジティブへ【正反対の考えを持つ人との友情】

日本に一時帰国した時に改めて友達の大切さを噛み締めました。 私が日本で1番仲が良い親友は、私と正反対の性格です。 私は基本的に、ネガティブで一人でいることが好き。彼女はポジティブで社交的。 だけど、笑いのツボや趣味が一緒なので、いつの間にか仲…

私にとっての幸せ

ワーホリ中によく会う日本人の年齢層は、大学を休学または卒業してすぐきた人、もしくは日本で働くことに疲れたギリホリの人。※個人的統計です。 みんな帰ったら何をするかという不安は少なからずあるようです。 中には、周りの反対を押し切ってきたという人…

ワーホリ帰国後の孤独

年単位で母国を離れ、全く違う国で過ごすと、少なからず自分の価値観は変わります。 その間今まで常に一緒にいて居心地が良かった友達とは離れ離れ。 たとえ頻繁に連絡を取っていても、考え方にズレが生じてしまいます。 時差がある場合は、連絡をとって他愛…

私のワーキングホリデービザ申請ヒストリー

前回の記事で、ニュージーランドの無犯罪証明書の取得について書きました。 念のために取得しておいたものですが、結果的に無犯罪証明書は必要ありませんでした。 今回は私のワーホリビザ取得の歴史について書いていきます。 3カ国のビザ取得時の滞在場所と…

ニュージーランドで無犯罪証明書の申請

ニュージーランドのワーキングホリデー終了後、私の次の行き先は決まっていました。 ワーホリの存在を初めて知った時から、行きたかったオーストラリア。 ニュージーランドから一度日本に戻り、その時にワーホリのビザを申請するつもりでいましたが、ニュー…

タックスリターンinニュージーランド2017(窓口で申請)

私がニュージーランドでタックスリターンをしたのは、2年前になるので、2019年の4月以降、自動化されたやり方とは方法が異なるかもしれません。 しかし、ニュージーランドのタックスリターンは毎年7月7日までに申請を完了させなければいけないので、…

海外滞在中の女の子事情

今回は男性には、全然よくわからない記事になってしまうかもしれませんが、私が渡航前に不安だった、女の子事情について、書いていきます。 海外の生理用品 生理用品ヒストリー ワーホリ前に使っていたもの ナプキン派?タンポン派? 生理中の症状 生理中の…

ブログの情報

自分の備忘録や、頭を整理するため、それと同時にそれが誰かの役に立てば、一石三鳥と思い、ブログを始めました。 自分のワーホリ中に起こったことや、体験した情報を、できる限り正しく詳細に書いているつもりです。 自分もワーホリ中の滞在先を決める時や…

ワーホリ中に職場のシェフとあったトラブル②

夏の賑わいと比べ、どこに行っても閑散としているのが冬です。※スキーリゾート地を除く 私はニュージーランドも雪が降らないと思っていましたが、日本同様国土が縦に長いニュージーランドは南島には雪が降ります。 日本のようにガスストーブではなく、暖炉と…

ワーホリ中に職場のシェフとあったトラブル①

ニュージーランドのローカルカフェで働けたのは、とても良い思い出なのですが、同僚とちょっとしたトラブルもありました。 夏に起こったことから、書いていきます。 口説かれる日々 告白 拒否 カフェには3人男性のシェフがいました。ボスとSous Chef(副料…

ワーホリ必見ニュージーランドのお仕事事情

私がニュージーランドにいたのは、2年前になるので、少し情報が古くなるかもしれませんが、私の体験と友人から聞いた話を元に、ニュージーランドのお仕事情報についてシェアします。 ぜひワーホリで今後行く人々の役に立てれば嬉しいです。 最低賃金の段階…

ニュージーランドで、冬の間のかけもちの仕事探し

夏の終わりにとても良い仕事を見つけ、快適な家に移り、毎日とてもハッピーに過ごしていました。 夏が終わり秋に入った5月頃から徐々にシフトが減らされていきました。 ※ニュージーランドは日本と四季が逆です。 冬のお仕事事情 カレー屋さんのディッシュウ…

ニュージーランドで学んだ英語②

意外と長くなってしまったので、ホームステイ・学校編と、お仕事・恋愛編に分けました。 簡単なものばかりですが、英語だけでなく、英語の言い回しを含めた、知らない文化が、当時は結構ありました。特に恋愛に関する英語は、言葉は知っていたけど、そういう…

ニュージーランドで学んだ英語①

1カ国目のワーホリだったので、初歩的なものばかりですが、ニュージーランドで気になった英語や、それによって気づいたことです。 ホームステイ編 学校編 ホームステイ編 ●ホストファミリーに、「行ってきます」や「ただいま」を英語でなんて言えばいいのか…

秋の紅葉がきれいだったワナカ

クレイジーオーナーの経営するバッパーから、彼氏のフラットに移り、カフェ一本で仕事をして、ストレスもなく毎日平和に過ごすことができました。 そしてちょうど2年前のこの日ワナカに一人旅へ行きました。 今年はどうかわかりませんが、私のいた町では、…

ようやく安定したワーホリ生活

クレイジーオーナーとの言い争いの末、バッパーを出ることになりました。 私はオーナーが本当にやばい奴だと感じていたので、こうなることを予期していました。私の心の準備はできていましたが、私に喧嘩をけしかけたカフェのボスを始め、ルームメイトもその…

クレイジーオーナーとの対決と決別

クレイジーオーナーに過干渉される日々にとうとう疲れ切ってしまった私はフラットを探し始めました。 ニュージーランドでは、Facebookにポストして、部屋を探すのが一般的でしたが、その探し方では、オーナーにばれてしまうので、周りの人にいい部屋は無いか…

クレイジーオーナーに耐える日々

私の当時の英語力では、有給の仕事はいったん諦めて、後はどれだけお金を節約して、ニュージーランドでの残りのワーホリ期間を過ごせるか。と考えていました。 今まで、学校で入校日が一緒だったわがままなクラスメイト、役立たずのエージェント、お金に困っ…

ワーホリ中の3回の恋の切符

タイトルにある通り、ワーホリ中は3回の恋のチャンスがあるというのは、とても有名な説です。 私の顔は、典型的な醤油顔の日本人です。整形を考えるほどコンプレックスがあるワケでもなく、もちろん美人でもありません。 それでも、3回以上の恋のチャンス…

ローカルカフェのキッチンハンド

バッパーでのエクスチェンジを始めたことによって、オーナーからローカルのキッチンハンドの仕事を紹介してもらうことができました。 たまたま、忙しい時期に、キッチンハンドがいなくて、ボスがホリデーに出るタイミングに、私がそこへ来たので、ラッキーで…

新たな町でのエクスチェンジ生活

エクスチェンジとは、バックパッカーズなどで、2、3時間ハウスキーピングをする代わりに、そのバッパーに無料で住めるという制度です。 有給ではないため、食費は別途かかりますが、中にはご飯の支給があるところや、有給のところもあるようです。 バッパ…

ダニーデンとインバーカーギル

クライストチャーチ、オアマルと、南島をどんどん南下していきます。 坂の町ダニーデン ダニーデンで行ったところ 寒い町インバーカーギル インバーカーギルで行ったところ 旅行終了、クイーンズタウンで解散 坂の町ダニーデン ダニーデンは大きな街で、スコ…

石の町オアマル

クライストチャーチを一人で観光し、待つこと4日間。レンタカーを借りて学校で出会った友人2人と、友人の同僚とクライストチャーチで落ち合い、南島の旅行を始めました。 今回の旅程は、主に南島のイーストコーストを回り、オアマル→ダニーデン→インバーカ…

未だに街中が工事中だったクライストチャーチ

北島から南島に移動した私はニューシティホテルに1週間滞在し、レンタカーで南島を一緒に旅行する友人達を待ちました。 クライストチャーチは、2011年に発生したカンタベリー地震の爪痕が大きく残っていました。どこも工事中で道路が狭くなっており、大…

ワイトモとロトルア

あまりいい思い出になりませんでしたが、約5カ月過ごした、オークランドともお別れする日が来ました。 トラブルになる可能性が高かったボンドは無事全額返還され、2日間旅行をした後は、そのまま南島に移ることにしました。 きっとワーホリ中に北島に戻っ…

初めてのワーホリで仕事がなく、落ち込む日々

語学学校を卒業した後、アルバイト先を探し、トレーニングや、トライアルを受けてはみたものの、不採用となってしまい、やることがありませんでした。 2カ月ほど就活をしてみましたが、なかなか仕事が決まらず、とても落ち込みました。 クラスメイト達が次…

悪質な留学エージェント

私は手続き無料のエージェントを使い、ワーホリの準備をしました。 しかし、このエージェントに任せたことをとても後悔しています。 無料エージェントの仕組み 日本出国前 ニュージーランド入国後 役立たずのエージェント 無料エージェントの仕組み フルタイ…

ボンドトラブルの解決方法

ニュージーランドで最初に住んだ日本人オーナーのフラットは最悪でした。 オーナーが、大きいとはいえ、未成年の子供2人を抱えた、無職のシングルマザーだったため、お金に困り、ワーホリで来た日本人を食い物にしていたからです。 今回はボンドの返金トラ…

質の悪い日本人フラットオーナーとのボンドトラブル

私が学校を卒業して、フラットを探していた時は募集がもの凄く少ない時期でした。更に当時英語を話すことを恐れていた私は、有名な日本語サイトのみを使って、就活や家探しをしていました。 3カ国ワーホリして思いましたが、言葉が通じるから話が通じるわけ…