トラベルホリックの放浪記

私の生きがいである旅、ワーホリで経験したことなどを綴ります。

バンフの気候とドライノーズ


スポンサードリンク

私は北海道出身で、冬は寒く、それなりに乾燥しますが、肌が老婆のようにがさがさになり、増してや乾燥のでせいで、ドライノーズになるなんて、体験は今回が人生で初でした。

 

f:id:travelholic:20191216213348j:plain



 

 

 

 

ドライノーズの症状

鼻を外側から触るだけでひりひり痛み、鼻の中にかさぶたができる、鼻をかむたびに出血している、やたらと鼻水が出る

 

ドライノーズはこのような症状が慢性的に続き辛いです。

 

鼻のかみすぎで、鼻の下が常にひりひりしてとても苦痛でした。スーパーでドライノーズスプレーが買えたようですが、私は自力で治そうと決意し、加湿器を$35で買い、常にマスクをして、鼻うがいをしました。

 

鼻うがいのやりかた

ペットボトルに水と塩を少々いれ、方鼻を押さえ、鼻から水を流し込む。のどまできたら、水を吐き出す

 

2週間かかりましたが、なんとか治すことができました。しかし、鼻の中にグリセリンクリームを塗ったりするのは、お勧めできません。肺炎の原因になるようで、実際このドライノーズを患っている最中に、鼻の中にクリームを塗り乾燥を食い止めようとしたら、扁桃腺が腫れ熱が出てしまいました。



さらに、私はハウスダストアレルギーを持っているのに、ハウキーとして働いていたために、体に蕁麻疹ができたり、常に痰絡んだ咳がでたりと、具合の悪さMAXでした。




のどの痛みや、鼻水、咳や蕁麻疹、体中乾燥してがさがさ、ひりひりするのが、果たして、乾燥のせいなのか、風邪なのか、扁桃炎かアレルギーのせいなのか、原因を特定できませんが、2週間で治ったので良かったです。




ちなみに、加湿器は冷たい水ではなく、温かいスチームミスとが出るものを買いましたが、それだけでは、寒さをしのげず、ヒーターも買いました。$25です。



f:id:travelholic:20191216214341j:plain

↑買ったお店です。

 

個人売買をする余裕はなく、FacebookのBuy and Sellではなく、お店で新品を買いました。



北海道の気候

私の地元の1年間の天気は、5月のGWに桜がピークで咲き、夏の最高気温は30度を超える日は1週間くらい。

 

お盆を過ぎると急激に気温が下がり、9月は雨が多い。

 

11月に雪虫が飛び始めるとまた雨が降り、雪虫は全滅。

 

その後、初雪が降り始める。冬の最低気温は最高でもマイナス10度くらい。

 

雪は3、4月くらいまで残っており、溶けだすと道路がべちゃべちゃになる。だけど、アスファルトが乾いてくる頃に、春の匂いがしてくる。そんな感じ。

 


なみに私はこの春の匂いが大好きです。

他の地域でもこんな匂いがするのかは、わかりませんが、私は大学生の時に旅行をするようになるまで、日本で全く雪が積もらない地域があることも、西日本の夏の湿気がやばいことも、冬に雪がないせいで、意外と体感気温が低いことも全く知りませんでした。

台風は一度も経験をしたことはありません。



小学生の時に、小学校同士で、沖縄のサトウキビと、北海道の雪を交換するというものが授業の一環としてありました。

 

子供心に、そこらへんで無料で手に入る雪と、誰かが丹精込めて育てたサトウキビの交換ってフェアじゃないような気がしていましたが、大人になり、今考えてみると、雪を送る場合の送料は、重量や保冷を考えると高くつくと思うので、トータルで考えると、バランスがとれた交換のような気もします。



バンフの気候

小さい頃は冬でも外に出て雪遊びをするのが大好きでした。スキー、そり滑り、雪合戦、かまくらづくり、雪かきですら楽しかったです。

 

2年間比較的冬の寒さが厳しくない地域で、生活していたために、寒さに対する耐性が弱くなった気がします。昔は真冬のマイナス10度の中でも、素足で平気だった中学、高校時代と変わり、25を過ぎたあたりから、冬が来る度に憂鬱になるようになりました。


そんな私にアルバータの越冬は辛かったです。

 

11月の初めにバンフに着いた時には、地面が少し凍り、既にマイナス1,2度になっていました。

 

12月に入ってからは、マイナス10度以下になることも、珍しくなく、12月半ばには雪が積もり始め、地面が凍り、2年ぶりに道でこけてしまいました。


1月末から2月の頭あたりが一番寒く、マイナス30度を超えました。

 

ケベックは11、12月くらいの時点で、すでにマイナス27度くらいのようでした。

 

冬用のブーツが必要かと思いましたが、ケベックの友人に聞いたところ、ハイキングシューズと良い靴下があれば、のりきれるとのことです。

 

カルガリーで良い靴下と、制服の下に着る用のレギンスと、フリースを買っておいて良かったと思います。

 

4月までは雪が降ります。5月にも一度だけ降りました。しかしそれ以降とても暖かくなったと思ったら、2019年の6月は雨ばかりで、7,8月も寒かったです。

 

一度も夏が来たとは感じないまま、10月の初め頃にまた雪が降りました。

 

唯一助かったことといえば、この年の降雪量は、例年に比べ大したことはなかったようです。

 

ただし、夏は以上に雨が多かったようなので、最近は天気の予測が難しいようです。

 

 

確実に言えるのは、雪があってもなくても、寒いことは確かなので、バンフで越冬したい人は寒さに対する準備と覚悟を決めてから来ましょう。