トラベルホリックの放浪記

私の生きがいである旅、ワーホリで経験したことなどを綴ります。

バンフでハイキング⑥【サンシャインメドウ】


スポンサードリンク

サンシャインビレッジは冬にスキーをしに行きましたが、夏はこんなに素敵なハイキングコースになるということを全く知りませんでした。

 

私は、仕事帰りに天気が良かったのでどこかに歩きに行きたいという気持ちでサンシャインに行きましたが、もっと時間がある時に行くべきだったととても後悔しています。サンシャインビレッジは私がバンフ周辺からいけるハイキングコースの中で、一番好きな場所です。

 

 

サンシャインメドウの行き方

2019年は夏の間7:00から18:00まで、バンフから無料のシャトルバスが出ていました。私が乗ったのは14時代のバスで、帰りのバスが18:30で最終になります。

 

Hours & Directions — Banff Sunshine Meadows

 

サンシャインでハイキングをするには、冬のスキーの時と同じくゴンドラで登っていかなければいけません。

 

f:id:travelholic:20200214185037j:plain

 

チケット売り場の人にハイキングする時間があると思うか聞いたら、余裕でしょと言われましたが、結果的に急ぎ足で歩いても、全部見切れませんでした。この人の言うことを信用するべきではありませんでした。

 

なぜなら、ゴンドラのチケットは$45と結構お高いのです。ちなみにローカル割引で$39です。何回も気軽に行けるプライスではないので、もっとじっくり見たかったです。

 

ゴンドラで上まで行くのに25分かかります。

 

バスの時間は18:30が最終でも、リフトの時間は17:00が最終でした。

 

上まで行くとリフトがありますが、リフトには乗らなくても、歩いてハイキングコースまで行くことができます。

 

 

 

ハイキングコース

時期的にお花がたくさん咲いており、湖もきれいだったので、ゆっくり見たかったのですが、リフトを降りてから、ほぼ早歩きで、画像の2,3,4番のトレイルは見に行くことができました。

 

f:id:travelholic:20200214184832j:plain

 

心残りなのは、Rock Isle Viewpointに行けなかったことです。

 

サンシャインメドウの魅力は、坂道がそこまで急ではなく、ハイキング初心者が行くようなゆるいコースであることです。湖があったり、林みたいな道があったり、見晴らしの良い原っぱであったりと、景色も常に変わるのも歩いていて飽きません。

 

f:id:travelholic:20200214185138j:plain

f:id:travelholic:20200214185211j:plain

f:id:travelholic:20200214185245j:plain

f:id:travelholic:20200214185328j:plain



リフトから降りて、本格的なハイキングコースに入る前に、Standish Viewing Deckという見晴らし台のような場所から見る湖の景色は最高でした。

f:id:travelholic:20200214185401j:plain

f:id:travelholic:20200214185432j:plain

 

サンシャインメドウでの注意事項

サンシャインには地リスなどの動物がたくさんいます。動物に餌付けをしたり、花を摘んだりするのはご法度で、もしハイキングで奥まで行くのなら、$15でベアスプレーをレンタルできると、ゴンドラを降りた時にスタッフに言われます。

 

実際に熊のものと思しき糞が湖の近くにあるのを見ました。

 

また見回りのスタッフがハイキングコースを歩いており、16:00になっても、まだ山奥にいる人には、声をかけて、サンシャインビレッジの宿泊者かどうかを確認し、もし違うのであれば、最終のバスに間に合うように下山することを促したり、山中のゴミ拾いなどをしていて親切だなと思いました。

 

サンシャインではピカ(ナキウサギ)が見れると聞いていたのですが、結局見れませんでした。見回りをいていたスタッフに聞くと、ピカはリフトの周りにたくさんいたそうですが、地リスだらけでピカには会えませんでした。

 

帰りのバスに乗っている時に、ビッグホーンシープの群れは見ることができました。運転手が群れに気づくとゆっくり走行してくれます。

 

f:id:travelholic:20200214185554j:plain

 

本当にゆっくりじっくりサンシャインでハイキングをしたいのであれば、少なくとも、11:00のシャトルバスに乗って、12:00にはゴンドラの上まで着いた方が良いと思います。私はほぼ小走りで回って、全てを回りきることができなくても、ゴンドラを降りてから、2時間かかりました。

 

ピカを探したり、じっくり見ていたら、4、5時間はかかったんじゃないかと思います。

 

まとめ

アルバータの湖は氷河湖ばかりで、良いカメラがなくても、インスタ映えするような写真がたくさん撮れますが、北海道で生まれ、初めてワーホリで行った国がニュージーランドであった私には、同じような景色ばかりで、そこまでの感動はありませんでした。

 

しかし、サンシャインメドウだけはバンフで唯一私が感動した場所です。

ハイキング自体もそんなにきつくないので、バンフに来た人に一番行くことをお勧めしたい場所です!