トラベルホリックの放浪記

私の生きがいである旅、ワーホリで経験したことなどを綴ります。

バンフでハイキング⑨【モレーンレイク】


スポンサードリンク

バンフ周辺で最もフォトジェニックな氷河湖の一つである、モレーンレイク。なんと夏は交通機関を使って自力で行くことができます!

 

 

モレーンレイクへの行き方

まずはバンフからレイクルイーズ行き8Xのバスに乗ってください。バスを降りてすぐに、緑のテントがあり、そこでチケットを買うことができます。

 

f:id:travelholic:20200215162234j:plain

 

私は朝8:30に着くバスに乗って、すでに長蛇の列ができていました。

8月末で既に寒くてコートと手袋が必要でした。

 

私の方が早く並んでいたのに、スタッフのばあさんが、後に並んでた人を先にバスに乗せて、私が次の20分後のバスまで待たなければいけなくなりそうになりましたが、後に並んでいた人がたまたま良い人で自ら「彼女の方が先に並んでたんだよ」って言って、先に乗せてくれました。・・・良い人。

 

ビューポイント

岩みたいなところを登っていくと、ビューポイントがあり、そこでみんな写真を撮ります。バンフに行ったことがある人のSNSのプロフィール写真はたいてい一度は、モレーンレイクやペイトーレイクをバックにした写真になります。笑

 

f:id:travelholic:20200215162313j:plain

 

ハイキング①

ビューポイントを登っていく前の道を右に行くと、湖の向こう側に行けます。

ほぼ坂道はなく、気軽なお散歩程度のハイキングです。それでも、往復で1時間はかかります。

 

f:id:travelholic:20200215162438j:plain

 

なおこの道の途中にベンチがあり、そこから山を見ると、顔の形が見えます。

 

f:id:travelholic:20200215162610j:plain

写真の真ん中へんがおじさんの顔のように見えるのがわかるでしょうか?↑

 

f:id:travelholic:20200215162920j:plain

f:id:travelholic:20200215163021j:plain

 

レイクルイーズと違い湖の反対側にはこんな水が流れているだけです。

 

ハイキング②

ビューポイントに行く途中の道を左に曲がるとハイキングコースがあります。

 

しかし、この先を行くには4人以上のグループでないと、罰金を払う可能性があります。

 

結構一人や二人で歩いている人を見かけましたが、たまにパークスカナダのスタッフが歩いていたりするそうなので、見つかると最高$5000の罰金です。

 

f:id:travelholic:20200215163619j:plain

 

一番最初は岩がごろごろとある場所を登っていくので非常に歩きにくいです。

 

f:id:travelholic:20200215163816j:plain

 

そこを超えると、普通の山道になり、

 

f:id:travelholic:20200215163914j:plain

f:id:travelholic:20200215164012j:plain


最後には開けた場所にたどり着きます。

 

f:id:travelholic:20200215164410j:plain

f:id:travelholic:20200215164539j:plain

 

片道1時間もかからない簡単なコースですが、グリズリーがでると聞きます。必ず熊スプレーを持参し、4人以上のグループで行きましょう。

 

モレーンレイクからレイクルイーズへの帰り方

レイクルイーズで買ったチケットは往復のチケットになります。帰りは確かチケットを見せなくても、そのままバスに乗せてもらえたと思います。

 

f:id:travelholic:20200215172114j:plain

 

そしてそのまま乗っていけば、レイクルイーズの元の乗り場で降ろしてくれるはずです。

 

しかし私は、チケットを買う時に誰かがスタッフの人に質問しているのを聞いて、勘違いしてしまい、途中のパーキングで降りなければ行けないものと思い込んでしまいました。

 

パーキングで一回降りて、別のバスに乗り変えるものだと思って、緑のテントのところで、もう一度$4払ってチケットを買いました。

 

その時のスタッフが日本人だったので、もしかして乗り変えは必要なかったのかを聞きました。すると、それが長いことカナダに住んでいる永住者のおばあちゃんだったようで、しゃべっている言葉は日本語なのですが、ほとんど意味が分からず、めんどくさいからもういいやと思ってバスに乗り込みました。

 

そして運転手のカナダ人のドライバーに同じことを英語で質問したら、やはり乗り変えは不要だったらしく、「このバスはもう出ちゃうけど、もし次のバスで良いなら、テントに戻って払い戻してもらえるよ」と言われたので、たったの$4なので迷いましたが、テントに戻りました。

 

そしたら、さっきの日本人スタッフがお客さんとトラブルになっていて、3分くらい見守っていたのですが、ぶち切れしたお客さんはそのままどっかに行き、気まずい雰囲気の中、払い戻しを頼むと、またよくわからない日本語を話されました。(というか、そもそも母国語を話せる人とより、カナダ人のドライバーの方が話が通じるってどういうこと??笑)

 

全然よくわからなかったけれど、私の推測から、「レイクルイーズまで戻れるのは、シャトーレイクルイーズに車を停めている人のみで、本来は皆ここで降りなければ観光業が成り立たないでしょ」というもの。

 

しまった~こんな気狂いと話すくらいなら、$4諦めればよかった!と後悔していたら、何も言っていないのに急に、「もういい!$4返してあげるわ」と逆ギレされました。

 

せっかく良いハイキングコースだったのに、行きも帰りもバスのチケットを売っているスタッフの対応のせいで、気分台無しで家路につきました。(パークスカナダももうちょと雇う人厳選してほしい・・・)

 

モレーンレイクからのバスを途中で降りるとめんどくさいことになります!

チケットは往復分だったようなので、安心して終点まで乗ってください。