トラベルホリックの放浪記

私の生きがいである旅、ワーホリで経験したことなどを綴ります。

カナダのチップの扱い


スポンサードリンク

チップ文化のある国に行ったときに、お客としてチップを払うのは、もちろんですがカナダで働くと、自分がチップをもらえる機会があります。

 

しかし、このチップの取り扱いは店によってバラバラで、転職を決めるときのポイントでもあります。チップはカナダで働く上での貴重な特典です。もし本来もらえるはずの職業なのにもらえない、もしくは不当に少ないようであれば、転職を考えた方が良いと思います。

 

私がバンフで働いた時に経験したことや見聞きした、店の裏側でのチップの取り扱いについて紹介します。

 

 

 

 

f:id:travelholic:20201202171748j:plain

 

 

チップを 払う側の気持ち

チップ文化のある人達は、最低でも15%、通常20%、対応が良かった場合はそれ以上を支払うようなので、私もそうしていました。もともとこのチップ文化は、時給だけでは生活の成り立たない人たちに対するサポートのようなものだったらしいですが、カナダにいるとき、単身者であれば、時給だけでも十分生活できるはずなのにと不思議に思いました。

 

特にサーバーなどは、基本給をはるかに超えるチップのおかげで、下手な技術職より稼いでいるのではと本当に疑問です。

 

無料で最高のサービスを受けてきた日本人としては、なんでこんな普通以下のサービスにチップを払わなければいけないのか、不満に思う部分もありましたが、私は、よっぽどひどいサービスをされたわけではない限り、常に18%のチップを払っていました。

 

いつもカード払いなので、計算不要。カードリーダーに読み込ませると、勝手に選択肢が出てきて15、18、20%のチップ額を自動計算してくれます。その選択肢から選ぶだけです。

 

キャッシュの場合だいたい20%くらいになるように、切りの良い金額をテーブルに置いていきました。

 

サーバーはチップをもらい過ぎなくらい、もらっているのは知っていますが、私が置いていったチップがどうか適切にキッチンハンドの方々にも、分配されることをいつも祈っています。

 

 

職種によるチップの取り扱い

 ホテル

このブログで散々紹介してきました。

 

ホテルのハウスキーパーは、基本的には2人一組で行動し、1室の部屋の掃除とベッドメイキングをします。その時に見つけたチップは基本的に山分け。

 

さらに、お客さんのチップの渡し方として、連泊する人は、毎日ではなく、チェックアウトの日にまとめて、ベッドの上に置く人もいるようです。しかし、掃除は毎日同じ部屋に当たるとは限らないので、このような場合、1日しか掃除をしていない人が全額ゲットすることもしばしばあります。

 

ホテルによっては見つけたもの勝ちだったり、いったんは全チップを回収して、その日出勤した人たちに平等に振り分けることもあるそうです。いったん全部のチップを回収と言っても、絶対懐に入れる人がいるだろうし、その部屋を担当した人が、そこにあるチップを平等に受け取って然りだと、私は思います。

  

キッチンハンド

チップの扱いに一番差が出る職業だと私は思います。

 

キッチンハンドはシェフではないので、キッチンハンドにはチップを与えないお店もあると聞きました。

私の職場は、売り上げの何割か知りませんが、次の月の上旬に前月分のチップをまとめて手渡されます。ですが、月末に仕事を辞めた場合、その月の分のチップはもらえないまま退職になるようでした。私はその辺が何日か定かではありませんでしたが、念のため、月の中旬くらいに辞めて、無事にチップをもらえました。

 

私がもらえたチップの最低額は$400、最高額は$650でした。

 

サーバー

サーバーのほとんどは、時給よりも、チップの方がもらえる人がほとんどです。

私の職場では、チップは毎日閉店後に計算されて、1日出勤するだけで、少なくとも$100以上もらえていました。(フルタイムとパートタイムでは差があったりしますが)

 

バーのサーバーなどは、一晩で$1000以上のチップを稼ぐ人もいると聞きました。担当のテーブルが決められている場合は、山分けではなく、当然そのテーブルのチップだけが自分の分になるということも、多いようです。

 

とある寿司屋では、チップの何%とかではなく、働いた期間や能力によって1日$30スタートから徐々に上がっていき、マックスで$100までもらえるようになるそうです。

 

ツアーガイド

バスから降りるときに大抵、ドライバーに渡します。ドライバーがガイドであれば心配ないのですが、ガイドとドライバーが別の場合、チップの扱いがどうなっているのか、気になります。

 

私は$100の日帰りツアーに参加し、その20%ということで、$20をガイドとドライバーに$10ずつのつもりで渡しましたが、もしかしたら、もらったもの勝ちで、ドライバーだけが$20を懐にいれている可能性もあるのかなと思ってしまいました。

 

客としてチップを渡すときの注意点

レストランでチップを払う時は完全に、チップの取り扱いを店側に委ねるしかありませんが、私の経験談として「Excellent!」と言いながら、キッチンに勝手に入ってきて、その場にいた一人一人に$10をくれた金持ちもいました。

 

そうすれば確実にその時働いていた人にチップを渡せますが、私にその勇気はないし、勝手に厨房に入ることを客全員にやられたら、店側も迷惑です。

 

ホテルに泊まった時は、Thank youとメモをそえて、ベッドかテーブルにキャッシュを置かないと、働く側としては、本当にチップとしてもらっていいのかわからないので、もらわない場合もあります。

 

テレビボードに$10札があって、明らかに目立つように置かれているものでも、私はメモが無ければテーブルやベッドの上に置かれていない限り、チップとしてもらいませんでした。テーブルにじゃらじゃらある小銭も、だらしないからぶちまけているだけの可能性が高く、手をつけません。

 

他の部屋を掃除している時に、「私の部屋をクリーニングしてくれたのは、あなたね?」と話しかけて、お礼と共に直接チップをもらえた時は嬉しかったです。

 

 

まとめ

チップ文化があることや、払い方を知識として知ってはいたものの、実際働くことがなければ、このような裏側を知ることもなかったので、旅行だけでなく、海外で働くことができる機会があったことは本当に貴重な経験だったなと思います。

 

もらう側、あげる側、双方の参考になれば嬉しいです!!

 

f:id:travelholic:20201202171922j:plain

カナダ名物”ビーバーテイル”