トラベルホリックの放浪記

私の生きがいである旅、ワーホリで経験したことなどを綴ります。

カルガリー動物園


スポンサードリンク

カルガリーの空港から日本に帰るため、カナダ出国前に、カルガリーに2,3日滞在し、お土産の購入や、銀行の手続きをする予定でした。

 

最後に動物園で、バンフの滞在中に野生では会えなかった動物に会いたいと思い、少しタイトなスケジュールでしたが、カルガリー動物園に行ってきました。

 

 

動物園と科学館

カルガリーシティセンターから、電車で行き、駅を降りると右が動物園、左がTELUS Spark Science Centreとなっていました。

 

友人いわく、動物園よりこちらの科学館の方が楽しいよと言われましたが、科学館となると、展示物の説明の英語が難しいことや、一人で行くには寂しい場所であるため、結局は動物園にしました。

 

結論から言うと、とても楽しかったです!

 

時間がある人には是非、地元の人がお勧めするTELUS Spark Science Centreも、行ってみてほしいです。

 

動物園のエリアマップ

 

曜日によってイベントがあったり、5つのエリアに分かれていて、とても広い動物園でした。

 

 

f:id:travelholic:20210913003801j:plain

f:id:travelholic:20210913003822j:plain

f:id:travelholic:20210913004159j:plain

 

 

まず中にはいるとペンギンのプールがありました。

 

f:id:travelholic:20210913004250j:plain

 

ガラスごしに手をかざすと寄ってくる、人懐っこいペンギンがたくさんいました。

 

f:id:travelholic:20210913004319j:plain



カナダの動物たち

その後は、バンフでは野生で見ることができると言われている、動物がたくさんいるカナダの動物エリアに行きました。

 

マウンテンゴート、ビッグホーンシープ、ムース、バッファロー、この中では私が野生で見たことがあるのは、ビッグホーンシープだけです。

 

f:id:travelholic:20210913004448j:plain

f:id:travelholic:20210913004504j:plain

f:id:travelholic:20210913004528j:plain


しかも見たことがあるのは、角の小さいメスのみでした。野生で見た方が感動は大きいですが、角の大きいオスを動物園でじっくり見ることができたのも、意外と嬉しかったです。



ムースに関しては、この動物園で見れたのも、角の小さいメスのみ。角が立派なムースにいつか会いたいです。

 

f:id:travelholic:20210913004618j:plain

 

クーガーやグリズリー、ブラックベアーもいました。

 

f:id:travelholic:20210913004649j:plain



アフリカの動物たち

アフリカの動物エリアに行くと、カバやキリンライオンなどかっこいい動物がいたり、イノシシやミーアキャットがいて、ライオンキングの実写版映画を見たばかりだったので、とても愛しかったです。

 

f:id:travelholic:20210913004817j:plain

f:id:travelholic:20210913004846j:plain

 

その他のエリア

爬虫類エリアみたいなところで、カメレオンがどこにいるかわからないと、飼育員さんに聞くと、わざわざ中に入って飼育員さんが捕まえて見せてくれました。

 

f:id:travelholic:20210913004929j:plain



 

ユーラシアエリアでは、パンダやラクダ、コモドドラゴンなど、日本の動物園ではあまり見ない動物がたくさんいました。



最後に完全に作り物の、恐竜のエリアに行くと、フードゥーと呼ばれる岩石を見ることができます。

 

f:id:travelholic:20210913005005j:plain

 

動物園内にあるのは、人工的なものですが、私はドラムヘラーに行くときや、バンフで、本物のフードゥーを見たことがあります。

 

f:id:travelholic:20210913005046j:plain

 

またROSEDALEという町のStar Mine Suspemsion Bridgeを模した橋もありました。

 

f:id:travelholic:20210913005238j:plain

 

その他には大きな恐竜のレプリカみたいなものがあり、そこを散策するだけのエリアなので、正直に言うと、本物の橋やフードゥーを見たことがない人はつまらないかもしれません。私は「あー、あの時の!」という感動があったので、散策するのは楽しかったです。

 

f:id:travelholic:20210913005324j:plain

 

 

まとめ

日本じゃなかなか見れない動物がいたり、バンフで野生では見損ねた動物や、フードゥーや橋など、今までハイキングで行ったときの光景を見れて、なんだかカナダの集大成みたいな気持ちになったので、この動物園に行って良かったです。