トラベルホリックの放浪記

私の生きがいである旅、ワーホリで経験したことなどを綴ります。

バンフで仕事探し②


スポンサードリンク

バンフでの就活で、1発目のホテルが想像を絶する最低さだったので、しょぼんとしていました。しかし、祝日には、車を持つバッパーのルームメイトにハイキングや温泉に連れて行ってもらい、気を取り直して頑張れそうだと思っていました。

 

 

 

f:id:travelholic:20191026115043j:plain

 

祝日明けに続々と来た面接の連絡

 

悪徳ホテルのために時間を無駄にしたと思いましたが、気を取り直して祝日明けにまた、レジュメの配布を再会したところ、3日前にレジュメを落とした、待遇が良いと聞いた大きなロッジからメールをもらいました。



そのメールをもらう前に、小さなホテルでも、面接なのか微妙だったけれど、スーパーバイザーと話ができました。

 

その夜、その小さなホテルのマネージャーからもメッセージをもらいました。内容は採用するので、明日ホテルに来て契約書を書いてくれれば、木曜から働けるとのことでした。

 

 

そのホテルはスーパーバイザーの対応も良かったし、スタッフアコモはバンフの中で最安だそうです。しかし、従業員はアジア人だらけで、町の中心部から結構な距離のある立地で、これから極寒を迎えるバンフではそこに住むのは移動が厳しそうだなと思いました。



最初は求人があるかどうかすら心配だったはずなのに、その後もう1件のホテルからも電話をもらい、迷いました。

 

 

スタッフアコモが最安なのが魅力的なホテルには、向こうの出方を試すという意味でも、他のホテル2件からも面接の連絡をもらっているから、それが終わり次第の返事でも良いですかという内容のテキストを送りました。もし、それならお断りだというなら、そんなホテルはこちらから願い下げなのでめげずに一番大きなホテルにアプライし続けるか、他の2つのホテルに決めようと思ったら、「No problem Thank you」ときました。




翌日待遇が良いと聞いた大きなロッジの面接に行きました。そこは大きなロッジで、初めてバンフでちゃんとした面接をされました。

 

 

聞かれた内容

・あなたのことを教えて

・カナダではどこを旅したの?

・あなたの考えるカスタマーサービスとは?

・お客様から苦情を受けたらどうするか

・過去5年であなたがなしとげたこと

・5年後に自分はどうなっていたいか

・ここに雇われたらあなたは何ができるか?何があなたの強味か?



結構突っ込んだことを聞かれましたが、初めてアジア人のスーパーバイザーではなく、面接らしい面接をしてもらえて嬉しかったです。(今まではホテルのフロントの前で立ちっぱなしで、面接なのか微妙なスモールトークだけ)

 

その後スタッフアコモや、待遇についても説明があり、スタッフアコモは4種類の部屋があり、一人部屋も選べます。1番安い部屋で1日$6という破格の安さであり、選択肢が多いことも魅力でした。この後マネージャーが空いてればマネージャーにも会ってと言われました。マネージャーが忙しかったみたいで、その後すぐには会えませんでしたが、最後にどんな国籍の従業員が働いているのか聞いてみたら、本当に世界中から様々な国籍の人がいるようで、採用してもらえるならここで働きたいと思いました。




ちなみにもう1つのホテルはどういうワケか、「さっきの連絡は間違いでした。明日の面接はなしです。ごめんね」と連絡がきました。このホテルには何の魅力も感じていなかったので、特にダメージもなしです。笑

 

一番福利厚生の良いホテル

待遇が良いロッジからの連絡を待っている間に、大きな会社が運営しているホテルからも、面接の連絡をもらいました。

 

面接に行ってみるとフィリピン人のスーパーバイザーが待っていて、またもや面接ではなく、私のVISAの期間のチェックと自分たちの福利厚生について話始めました。

さらに通常18人必要なハウスキーパーが今は7人で、そこで働いているのは全員日本人だそうです。日本人しかいない環境でも平気か聞かれ、本当は嫌ですが、後々ジョブチェンジする予定なので、OKと言っておきました。笑

 

スキーも格安で行けて、スタッフアコモは新築だそうです。待遇はまあまですし、最初はこの会社のどこかのホテルで働きたくて仕方なかったのですが、面接に行ってみたら、返事待ちの大本命のロッジに勤めたくて仕方なくなっている自分がいました。

 

しかしそのロッジの現在の空きは1人で、私だけではなく、他の人も面接に行ったと聞いた時から、雇われるのは難しいかもと思っていました。案の定、お祈りメールをもらってしまい、大きな会社のホテルに決めました。

 

私の目的は、厳しい冬は遠い場所からの通勤も億劫なので、ホテルのようなスタッフアコモ付きの場所で暮らし、お金を貯めつつ勉強する。温かくなってきたら、英語を使う環境に移るつもりなので、とりあえずは仕事が決まって良かったと安心しました。

 

 

1週間で就活終了

6件目に面接の連絡がきたホテルの詳細はわかりませんが、ダウンタウンに近く、スーパーバイザーがカナディアンだったようです。仕事を始めた初日だったため、断ってしまいましたが面接に行ってみれば良かったと少し後悔しています。



私はInternatyonal hostelに11日間ステイしましたが、面接の連絡をもらったのは、ほとんどがこのホテルよりダウンタウンから離れているホテルでスーパーバイザーは全員アジア人でした。どのホテルも面接というより私にあった瞬間から採用というかんじで、忙しい時期ではないのに人手不足まるだしでした。

 

 

その他は働いていないので詳細はわかりませんが、あんまり雰囲気が良くないと思ったら、その直観は大抵当たりだと思うので、警戒した方が良いと思います。

 

ホステルの人に、1週間で仕事が決まったと言ったら、「それは早いね。皆大抵3週間はかかるのに」と言われました。

 

やはり10月は仕事がなかったようです。11月に来たのはナイス判断でした。