トラベルホリックの放浪記

私の生きがいである旅、ワーホリで経験したことなどを綴ります。

オーストラリア国内旅行の準備(保険、飛行機、宿泊の手配)


スポンサードリンク

こんにちは、オーストラリアでワーホリ中の、現在無職のぺメロンです。

 

ファームでの生活も3か月が過ぎようとしていた頃、私は次の自分の行き先を考えていました。

 

他の方々のブログで目をつけたのが、稼げると有名のブルーム。

 

バナナで稼いだお金で旅行をしつつ、3月末にブルームにたどり着ければ、ベストタイミングと考えた私は、2月でファームを辞めて、ブルームへと向けて旅立つことを決めたのでした。

 

f:id:travelholic:20180731130945j:plain

 

 

 

旅のプランニング

ファームを去りブルームへと向かうことを決断した、1月。

 

それからは、情報収集。

 

オーストラリアにワーホリ経験のある友達にお勧めの旅行先を聞いたり、ネットや持ってきた地球の歩き方で、どこに行くかをプランニングしていました。

 

 

YHAの会員になるとグレイハウンドのバスが割引になります。ブリスベンからアデレードまでの主要都市を回った後、飛行機でパースに行こうと考えていました。

 

 

パースからブルームまではどう行こうか考えていた私は、ウエスタンオーストラリアを巡るバスツアーの存在を知りました。 

 

 

パースから出ているバスツアーの行き先はブルーム。ブルームからの帰りの手配は自分。パースだけは外せない旅先で、ウエスタンオーストラリアには興味はなかったけれど、目的地はブルームで、パースから他の地を観光しながらたどり着けることが、私にはぴったりでした。

 

偶然ファームにこのバスツアーに参加したことのある人がいて、話を聞いたら最高だったと聞いたので、私の旅行プランはだいたい決まりました。

 

 

保険について

日本から海外旅行保険を契約してこなかった私。

 

理由はクレジットカード付帯の海外旅行保険があったから。

 

しかし、その保険は日本を出てから、3か月のみの保証であり、当時既に期間は過ぎていました。

 

オーストラリアはカナダと違い、ワーホリの際の保険加入は必須ではないため、加入していない人もたくさんいました。

 

ニュージーランドでは語学学校に通ったため、初めから保険に加入し、偶然条件の良かったStudentの保険の時に、肺炎のような症状にかかり、病院に行ったことがありました。

 

不安だったので、日本出国後に現地から入れる安い保険ユニケアを見つけ、加入しました。

 

また、バスツアーに参加するにあたり、保険の加入は必須事項だったのです。

 

実はニュージーランドにいた時もユニケアを使っていました。

 

3か月分はエポスカードの付帯保険のおかげで節約できましたが、現地加入の場合、荷物の盗難に対する補償がないなど、条件が悪くなります。

 

また、ユニケアの保険は一度日本に帰ってしまうと、保険期間が残っていても、残りの期間が無効となるようなので、注意が必要です。

 

決して安くはない買い物なので、もしバスツアーに参加していなかったら、加入しなかったかもしれませんが、入っておくとやはり安心です。

 

そういう意味でも、バスツアーに参加すると決めてよかったかもしれません。

 

飛行機の予約

結局私はシドニーで落ち合うはずの友達が来れないことになり、バスでの移動は時間がかかりすぎて苦痛だと情報を得たこともあり、ブリスベン→パース→WA→ブルームに目的地をしぼりました。

 

広大な面積を持つオーストラリア。時期によってはLCCで海外に行くよりも、国内線の方が高い時すらあります。

 

私がこの時使ったのは、JetstarとTigerair。Jetstarは日本語のサイトから予約ができ、日本の国内旅行で使い慣れています。一方のTigerairは最低でした。

 

ブリスベン→パースに行くのに20:30に着く予定の飛行機を取りました。その時間であれば、空港から市内までバスで行けるからです。

 

予約が完了した、2週間後、航空会社からメールがきました。飛行機の時間が20:30→0:20到着の便に変更となりましたと。

 

意味がわかりませんでした。当日に何かのトラブルでやむを得ずフライトを変更ならわからなくもありませんが、フライトの1か月以上前に会社側の都合で深夜到着の便に勝手に変更。その時間はバスがないため、タクシーを使わなければなりません。

 

 

納得がいかず、ファームの同僚に頼み、フライトを変更したいと電話してもらうと、変更はできないと言われ、それならキャンセルしたいと言ったところ、手数料で$50かかると言われました。あり得ない対応です。

 

勝手に時間を変更しておいてキャンセルすらタダではない。いい時間のフライトを激安で販売し、後から空きがある便に振り替える仕組みに元々なっているのではないかと、疑ってしまいました。この航空会社、そこそこ有名ですが、以前使ったことがある友人も、当日に大幅な遅れがあったことがあったようです。

 

 

更にこの航空会社、私は荷物の追加で余分なお金を払っていましたが、違う航空会社に振り分けられたことで、20Kg以上の荷物には追加料金がかかると言ってきました。さすがにこれはありえないし、電話ではなく対面で話せたため、そちらの事情でフライトを変えられた上に、元々荷物のためにエキストラでお金払っている。さらに払えなんてありえない。と抗議したら、大丈夫でした。

 

が、二度とこの航空会社を使うことはないでしょう。

 

旅行し終わった今になって分かったことですが、オーストラリアのフライトはこの航空会社に限らず、大幅な時間変更はよくあることです。バスやトランスリンクだけのことかと思っていましたが、タイムスケジュール通りにいかないのは、まさかの飛行機もなんですね。

 

トランジットがある人はくれぐれもご注意ください。

 

 

宿の予約

私は宿の予約をいつもagodaから行っています。

 

アプリの操作画面が見やすいのと、安い。

 

そして、まとめて宿泊する時でも、気が変わった時のために、1泊ずつ予約しています。

 

宿泊日の4日前まではキャンセル料無料の場合が多いです。

 

初日だけ泊まれなくなった場合でも、予約変更は一回全部キャンセルして、予約をし直さなければいけない場合があります。

 

そうなった時、2か月以上前とかに予約して割引率が高くなっていた分が、予約のし直しによって、高くなってしまう。

 

1日だけの予約なら、1日分だけキャンセルすれば、予約のしなおしも、割引率の損もしない。

 

長期割引で安くなるのも、だいたい1週間以上ステイの場合からが多いので、それも予約する時に計算して確認します。

 

ただし、このやり方は宿側の人からすると管理が面倒なので(連泊と認識されないことがある)チェックインの際、1泊ずつ予約したけどチェックアウトはこの日だよと伝えてます。

 

各都市に1週間ずついましたが、途中で泊まる場所の変更を結構しました。

 

絶対キャンセルしないと決まっているなら、こんな面倒なことはしなくていいと思いますが、私は今回結構な変更があったから、やって良かったと思いました。