トラベルホリックの放浪記

私の生きがいである旅、ワーホリで経験したことなどを綴ります。

パースから南下、オールバニーへ


スポンサードリンク

フリーマントルの観光を終え、友人と再会し、4人でオールバニーを目指し、南下しました。

 

オールバニーのスペルはAlbanyなので、アルバニーとも呼ばれていますが、グーグルマップにはオールバニーと書かれていたため、ここではオールバニーと表記します。

 

 

オールバニーへドライブ

私は、念のため国際運転免許証を持っていますが、もう7年以上運転していません。

 

完全にペーパードライバーのため、申し訳なかったけれど、運転は4人のうち完全に2人にお任せしました。

 

f:id:travelholic:20180714052730j:plain

 

西オーストラリアの海はどこもこんな感じで、海の透明度が高く、白い砂浜であることが多いです。

 

f:id:travelholic:20180714053314j:plain

 

バッセルトンの海には長い桟橋があり、その上には鉄道が走っているため、千と千尋の神隠しの水上列車のモデルではと言われています。桟橋の上を歩くこともできますが、鉄道にのることもできます。私たちは歩いたものの、遠すぎて桟橋の終わりへはたどり着けませんでした。

 

f:id:travelholic:20180714053647j:plain

 

マーガレットリバーのワイナリー

 

f:id:travelholic:20180714054019j:plain

 

オールバニーの電力80%をまかなう

 

 

f:id:travelholic:20180714054133j:plain

 

断崖絶壁で、火曜サスペンスによく出てくる福井県にある東尋坊のようでした。

 

f:id:travelholic:20180714054207j:plain

 

オーストラリア私が見た中で一番きれいな海

 

f:id:travelholic:20180714054245j:plain

 

顔みたいなティングルの巨木。散森の中策中はマッドフライ(蚊と同じく刺されるとかゆくなる虫)が大量にいるので、虫よけ必須です。潰すと、付着した汁になおさら寄ってくるらしいので、注意。

 

1泊2日でかなり詰め込んだスケジュールでしたが、思いがけず自分一人では行けなかったであろう場所に行けて、本当にラッキーでした。

 

写真を撮るのを忘れましたが、4人で泊まったバッパーはキレイで可愛くて、朝はパンケーキがついてきました。

 

日本人のスタッフがいるそうです。

 

オールバニーは意外と大きな街で、街並みがなんだかニュージーランドっぽいなと思いました。

 

時間がなくてオールバニー自体の街歩きはできなかったけれど、仕事もありそうだし、僻地のため日本人も少なそう。

 

もしかしたらワーホリで住むには最高の穴場な環境なのかもと思いました。(実際は本当にそうかわかりませんが)

 

フリーマントルからオールバニーまでに行ったところ

・Margaret River chocolate factory(写真撮り忘れましたが試食があった)

・Busselton Jetty

・ワイナリー(VOYAGER ESTATE)

・Wind Farm

・The Gap & Natural Bridge

・ビーチ名忘れましたが、デンマーク付近のビーチ

・Valley of the Giant Tree Top walk

 ※ チョコレートカンパニー以外、画像の順に書きました。