トラベルホリックの放浪記

私の生きがいである旅、ワーホリで経験したことなどを綴ります。

グレイマウスとフランツジョセフ


スポンサードリンク

ニュージーランドの南島をヒッチハイクで回る旅、ネルソンを出発し、とうとう西海岸沿いの町を回り始めました。

 

  

何もすることがなかったグレイマウス

以前、友人が住んでいたグレイマウス。

 

 

キレイな石が海沿いで拾えるほかは何も無いと聞いていましたが、本当に何もありませんでした。

 

 

仕方ないので、今回はバッパーでゆっくり体を休め、次の日は可愛いカフェでホットチョコレートを頼んだ後は、早めにヒッチハイク。

 

f:id:travelholic:20180726135446j:plain

 

今回の旅で一番楽しかったフランツジョセフ

 

グレイマウスでは本当に何もしませんでしたが、毎日新しい土地や、初めての景色を見れて充分満足でした。

 

 

一人でもとても楽しんでいたのですが、フランツジョセフへ着き、YHAに泊まった日に素敵な出会いがありました。

 

フランツジョセフ1日目

氷河ウォークをしたかったのですが、歩きで行く半日ウォーキングは氷河が崩壊したため、何年か前になくなったらしく、フランツジョセフでは、ヘリを使ってしか、氷河の上を歩けないことが判明しました。

 

 

ハイキングスポットも徒歩で行くには、厳しいところにあったため、グレイマウス同様何もせずに次の日去ろうかと思っていました。

 

 

フランツジョセフのYHAにはサウナがあり、サウナが使える時間まで、暖炉の前で温まろうとしていたら、私と同じく旅行中の人たちが4人ほどゲームをしながらお酒を飲んでいました。

 

 

年齢も国籍も全員違いました。

 

 

彼らは、全員旅の途中で出会い、仲良くなったそうです。

 

 

その中の一人が車を持っていて、明日はハイキングに行くというので、彼らにまぜてもらい、諦めていたハイキングに行けることになったのです。

 

 

フランツジョセフ2日目

氷河が見れるところまで行くハイキングは往復3時間。

 

f:id:travelholic:20180726135636j:plain

 

3時間歩くことを知りませんでしたが、ニュージーランドではハイキング三昧の私には問題ありませんでした。

 

下からですが、氷河も無事みることができました。

 

f:id:travelholic:20180726135556j:plain

 

ハイキングから帰ってきた後は、みんなでサウナに入ったり、その中の一人が誕生日だったため、誕生日パーティーと称したカラオケパーティーが始まり、私は結果的にフランツジョセフにも3日留まることになったのでした。

 

 

フランツジョセフにも4Square(ニュージーランドのスーパーマーケット)しかありませんが、そこでアイスのケーキとお酒を買いました。

 

 

ヘリウォークもしないし、車もなくハイキングへ行くのも厳しい場合は、フランツジョセフは、あまり楽しめないかもしれません。

 

 

たまたま、素晴らしい旅仲間に出会えたことで、今回の旅で一番楽しい時間を過ごせたのは、本当にラッキーでした。

 

 

実は前日にヒッチハイクした男性に告白されて、「次の日俺も仕事でホキティカからフランツジョセフに行くから、一緒にホットプールに行った後、君をディナーに連れていきたい」と言われていました。

 

 

フランツジョセフにもホットプールがあり、試してみたいと思っていたし、乗せてもらったのに、そのままバイバイというのも感じが悪いなと思ったので、はっきりは断っていませんでしたが、ホステルで出会った旅仲間達と過ごす時間が楽し過ぎて、断ることにしました。

 

 

その後彼からはFacebookの友達申請が来ましたが、これ以上ニュージーランドに留まることができない私はそのまま削除しました。

 

 

フランツジョセフでは、出会いが多かったです。