トラベルホリックの放浪記

私の生きがいである旅、ワーホリで経験したことなどを綴ります。

タリーでバナナファームの仕事をゲットした経緯


スポンサードリンク

 

 

こんにちは、オーストラリアでワーホリ中、現在無職のぺメロンです。  

 

ケアンズから始まったワーホリ 

 

私は2018年9月、ケアンズからワーホリをスタートしました。

 

初めの数週間は、タックスファイルナンバーと銀行口座の取得のため、ケアンズのバッパーに滞在しました。

 

ただ待っている時間がもったいないので、ラグーンなどケアンズ市内の観光、グレートバリアリーフでダイビングの資格を取ったりしました。

 

 

 

f:id:travelholic:20180710053249j:plain

 

 

バナナの情報をゲット

 

バッパーに長期滞在していると、顔見知りもできるため、バナナファームに関する情報もゲットできました。

 

稼げることで有名なバナナファームは、マリーバかタリーにたくさんあるということは、たくさんのブログを読んで知っていました。

 

どちらに向かうか迷っていたら、偶然タリーのバナナファームで働いていた人と会うことができました。

 

 

その人の話を聞いたら、タリーにはワーキングホステルという仕事を斡旋してくれる場所があるけれど、マリーバは基本的には自分で仕事を探さなければいけないとのこと。

 

来たばかりで、お金も仕事も住む場所もない。

 

とても不安な状況の中、ワーキングホステルに行けば、必ずその3つが手に入ると聞き、タリーに決めました。

 

更に、私より1日早くオーストラリアに着いたワーホリの男の子は私より1週間早くネットで仕事を見つけ、マリーバに行きましたが、1日でやめてケアンズに帰ってきました。

 

その子のファームは韓国人経営で日本人と韓国人しかいなかったとのこと。

 

アコモデーション付きで、スーパーには1週間に1度車で連れて行ってもらえるけれど、本当に周りに何もなかったそうです。

 

 

仕事をゲット 

 

タックスナンバー、銀行口座を無事に取得した翌日に、私はタリーに向かいました。

 

そして、他の方々のブログでも有名な、バナナバラックスに滞在し、無事にバナナファームジョブをゲットできたのです!!