トラベルホリックの放浪記

私の生きがいである旅、ワーホリで経験したことなどを綴ります。

ワーホリ中のリアルなお金事情【オーストラリア①】


スポンサードリンク

ニュージーランドに引き続き、2017年のオーストラリアのワーホリでかかった、リアルな金額を公開します。

 

ニュージーランドでは、語学学校に行ったり、初めての海外生活を満喫するという、経験重視のワーホリでした。しかし、オーストラリアは、時給が高く稼げると聞いていたので、今回は貯金までできなくても良いから、結果的にマイナスにならないようにしようと思っていました。

 

初めから2年目のオーストラリアのビザが欲しいと思っていたので、ファームで働いて、セカンドビザ取得の権利とお金を得てから、旅行しようと決めていました。

 

f:id:travelholic:20211121231203j:plain

 

 

 

 

日本出国前にかかったお金

 

一時帰国の3週間の滞在費(食費含む):66227円 交通費:5030円

 

歯医者:2540円  美容室:10400円 久々に会う友人との交際費:26571円

 

オーストラリアのビザ申請料金:39711円 

航空券(jetstarでケアンズまで):42760円

 

国際免許取得:3200円

 

オーストラリアで必要なもの

服、寝袋、速乾バスタオル、リュック:24381円 コンタクト:21030円

 

ケアンズでの最初の滞在先のバックパッカー2週間分の滞在費:20765円

 

合計:238234円

 

ニュージーランドの時との決定的な違いは、学校に行かなかったので、その分の大金がかからない代わりに、最初の滞在先は自分で日本から、ネットで予約しました。

オーストラリアはjetstarが飛んでいるので、航空券が安くすむことも、非常に助かりました。

また前年日本にいなかったため、住民税の支払いもありません。

 

オーストラリアでの生活

 

生活費平均:1500ドル(フラット:150ドル/週、ご飯:350ドル、携帯代:30ドル、雑費:500ドル)

 

生活に関する物価(家賃やご飯など)は、ニュージーランドとあまり変わらない気がしましたが、アクティビティに関わる物価はかなり高いです。

 

ファームの給与平均:2500ドル(当時の時給22.49ドル)

 

ニュージーランドと同じく月1000ドルは貯金できる計算です。

 

最初の4カ月はファームで働き、その後2カ月旅行しました。

それからキッチンハンドとして働きましたが、仕事がきつく1カ月で辞めた後は、冬になり2カ月仕事が見つかりませんでした。

1カ月何もせず、苦痛な時間を過ごした後、時間がもったいないと感じ、忘れられなかったニュージーランドへ1カ月旅行に行きました。

帰ってきた後は、再びファームで2カ月働きました。

 

トータルで働いた期間は7カ月です。

 

オーストラリアで稼いだ合計金額は、19949ドルなので、約160万円です。

 

旅行にかかった費用

ケアンズでダイビングのライセンス取得:121489円(日本のクレカ払いのため円)

ケアンズからゴールドコーストへの旅行:1309.58ドル

ゴールドコーストからパースへの旅行:854.56ドル

※旅行は、滞在費やアクティビティ、交通費含む

パースからブルームへのバスツアー:1599ドル

ブルームでの滞在観光費:1183.31ドル

ニュージーランドへの旅行費用(交通費含む):2339.42ドル

 

合計:7285.87ドル(約60万円)

 

 

1度目にファームを辞めた時にあったオーストラリアドルの貯金約60万円は、ニュージーランドの旅行から帰ってきたときには、約6万円もない状態になっていました。

 

その他にも大きい出費だったなと思うのが、保険です。

3カ月のクレカの保険が切れた後は、717.95ドルで現地の保険に入りましたが、結局使わなかったので、痛い出費でした。

 

まとめ

帰国後に残った金額を逆算した収支

帰国後手元に残っていたオーストラリアドル:4334.05ドル(約346724円)

出国前と帰国後の自分の日本円の貯金の差額:マイナス598380円(日本のクレカも使っていたため)

出国前と帰国後の自分のニュージーランドドルの貯金の差額:マイナス1045.12ドル(約83409.6円)(ニュージーランド国内では昨年のワーホリで貯めたニュージーランドドルで支払いました)

 

日本出国前にかかった準備金約24万円と帰国後の残高マイナス259997円を合わせると、なんと約50万の赤字だったことが、わかりました。

 

正直私はこの記事を書くまで、1度目のオーストラリアワーホリが赤字だったことに気づいていませんでした。

手元に、NZもAUSも数千ドル残っていたので、プラマイ0くらいかなと思っていましたが、日本のクレジットカードで思ったよりも決裁していた分が、響いていたことに今日気づきました。

私にとっては、4年越しの新事実です!笑

 

マイナスにならないようにしようという目標は、達成できなかった理由として、オーストラリアのアクティビティーの物価や、国内交通費を甘く見積もり過ぎて、どこで何がしたいという計画は明確なものの、お金に対する計画をきちんと立てられなかったことです。

 

更に、意外と仕事が得られなかった期間も長引いてしまい、ニュージーランド同様、無職無収入の時期があったことは、実は赤字だったと気づいていなかった時から、反省していました。

 

しかし、このお金に関する2度目の失敗が、私の次のカナダでのワーホリの生活を大きく狂わせてしまうことになります。